【第3回】プロデューサー:ワン・ガンさん